Conner Coffin + STYLE

2016/22nd/Dec

2016年のWCTルーキーの中で最も一番パワフルなカーヴィングを武器に持つコナー・コフィン。
ブラッド・ガーラックをコーチにスタイルとカーヴィングに磨きをかけづづけるカリフォルニア出身の若手サーファーだ。
チョープーやフィジーのような巨大なレフトバレル系の波にはイマイチ強くないが、ベルズなどのライトのパワフルな波にはめっぽう強いんです。

きつい、ハードなセクションでのメイク率が高いのもコナー・コフィンの武器でしょう。
最終戦のハワイで2017年のクオリファイをギリギリで決めたコナー。コンテストでのミスも減ってきて来年注目サーファーの一人だ。

この映像はポルトガルが世界に誇るスーパーチューボス。

Mikey Wright + style

2016/8th/Dec

現在は記憶障害でセミリタイヤ中のオーエン・ライトを兄にもつマイキー・ライトのフルカーブ。
Water Frame IIにも登場してエイドリアーノをやっつけてます。
まだコンテストにフル参戦せずにWCT入りは目指してないものの、いずれはクオリファイされるといわれている逸材です。

カーヴィングを練習中の人はおもいっきり参考になる240Pで撮影したスーパースロー映像です。

Filipe Toledo + STYLE

2016/21st/Sep

去年から急に頭角を現した印象があるフィリッペ・トレド。
今年で20歳、WCTにクオリファイしたのは17だから凄いよね。
クオリファイして2年は全く勝てない、正直世界で撮影してても印象に残ることはなかった。
改めて3年前のフィリッペの映像をチェックしたけど、やっぱりイマイチ。

去年はフルローテーションのエアーでワールドタイトルを争えるようになって、今年はマニューバー系のレベルアップを目指しているフィリッペ・トレドの映像です。

Julian Wilson + STYLE

2016/5th/Aug

もともとはこのフィンアウト・ブローテールは、Tabrigade Filmのお気に入り、タジ・バローが元祖。
数年前のスナッパーでもこのマニューバーで高得点を連発したのを記憶している人も多いのでは?

そしてタジがリタイアした今、WCTではジュリアン・ウィルソンが進化させて引き継いだ感じだ。
ジュリアン特有の深いボトムターンと組み合わせたフィンアウト・ブローテールは迫力満点ですよね。

Evan Geiselman + STYLE

2016/30th/Jul

小波が続いてる日本、特に関東エリアのための映像になるんでしょうね。
数ヶ月前に志田下のQS6000で優勝したエバン・ガイゼルマンがパワーのない小波を攻略したバックサイド。
このコンビネーションでセミファイナル、ファイナルと高得点をメイクして優勝しました。

このエバン、フロリダの出身で小波には慣れてます。
2012年のオーストラリアのマンリービーチでもパーコ、タジ、コロヘなどなどをやっつけて準優勝してますからね。
この時も波は膝腰。
その映像はWater Pocket 8に収録されてますので、興味のある人は以下でチェックしてみてください。

water pocket 8の購入はこちら

MICK FANNING + STYLE

2016/23rd/Jun

今年のCTをスポット参戦しているミック・ファニング。
フル参戦すれば35歳にしてワールドタイトル争いに加わるその実力は渋みを増している。
常にコンスタントにハイポイントを出すミックの秘密はこの2種類のターン。
ミック独特の粘りのあるカーヴィングと板を返す速度が異常に早いレイバックハックだ。

この映像は今年のCT第二戦リップカールプロのレイデイにベルズビーチの隣ウィンキーで撮影したものです。
波の質はメインのベルズボウルよりも癖がなく、ミックはウォーミングアップでサーフすることが多い事でも知られていますね。
なんで、レイデイの日は結構メディアが選手を張ってたりするんです。
この日数多くの物凄い映像を残したミックのミックらしい1本をピックアップしました。