<div class="focal-point">
<table>
<tbody>
<tr>
<th><a href="http://tabrigade.com/2018/02/water-frame-iii-finally-arrived/"><img class="alignnone wp-image-172 size-full" src="http://tabrigade.com/wp/wp-content/uploads/2018/02/project_menu07.jpg" alt="project-menu04" width="150" height="235" /></a></th>
<th><a href="https://vimeo.com/ondemand/runway2"><img class="alignnone wp-image-172 size-full" src="http://tabrigade.com/wp/wp-content/uploads/2018/09/project-menu07.jpg" alt="project-menu04" width="150" height="235" /></a></th>
<th><a href="http://tabrigade.com/2018/02/water-frame-iii-finally-arrived/"><img class="alignnone wp-image-172 size-full" src="http://tabrigade.com/wp/wp-content/uploads/2018/02/project_menu07.jpg" alt="project-menu04" width="150" height="235" /></a></th>
<th><a href="http://tabrigade.com/tag/fitting-room-ks/"><img class="alignnone wp-image-170 size-full" src="http://tabrigade.com/wp/wp-content/uploads/2017/07/project-menu04.jpg" alt="project-menu03" width="150" height="235" /></a></th>
</tr>
</tbody>
</table>
</div>

Past Projects

WATER FRAME IV -The Final Stage-

2019/19th/Jan

DVD版の発売が1月31日に決定。
ダウンロード版はこちらから購入できます。

ミック・ファニングがベルズのWCTイベントを最後に引退することを発表、その瞬間からすべての注目はミック・ファニングに集まった。
ゴールドコーストとベルズのWCTイベントをフューチャーするWater Frameシリーズの最新作では、ミックの現役最後の瞬間とフリーサーフパートも収録。
フィリッペ・トリード、ガブリエル・メディナ、イタロー・フェレイラとブラジリアンが台頭する中、ジョンジョン、ジュリアン、ジョディ、そしてミックが激しい戦いをした。
一方でカリフォルニア期待のルーキーのグリフィン・コラピントが最高のコンディションとなったキラでそのスキルを世界に見せつける。
波乱と驚きの連続だったゴールドコースとベルズ、現場の緊迫感を『Water Frame IV The Final Stage-』で味わってください。
ボーナスには2009年に最高のコンディションだったJBayでのケリー・スレーターとデーン・レイノルズが度肝を抜くサーフィンを見せます。

WATER FRAME III -Finally Arrived-

2018/16th/Feb

記憶障害で再起不能と噂されたオーエン・ライトのWCT復帰戦、ミックの完全復活、新ワールドチャンプのジョンジョン、ワールドタイトルを本気で獲りに行くと明言したケリー・スレーター、ワールドタイトルと復活を巡り世界中のメディアが注目する中で誰もが予想できない歴史に残るドラマが起こったWCT第1戦ゴールドコースト。
そしてベルズで開催される伝統のリップカール・プロではマニューバー勝負と言われるベルズで今まで誰も見たことがない次世代のサーフィンスタイルを見せたのはジョンジョンとフィリッペだった。
ベルズボウルとウィンキーのパーフェクトウエイブでアドレナリン全開の激熱な戦いは、世界で最も目の肥えたベルズの観客たちを熱狂させるイベントとなる。
“現地にいると錯覚するほどの臨場感”をTabrigade Film最新作『Water Frame III』で味わってください。

ダウンロード版はこちらから購入できます。

Tabrigade最新作『RUNWAY』が2017年8月17日発売決定

2017/31st/Jul

8月17日発売!Tabrigade Film最新作『RUNWAY』

極上のビーチブレイクでワールドタイトルをめぐる激しいバトルが繰り広げられたポルトガルのリップカール・プロ。
Tabrigade Film最新作『RUNWAY』は、この歴史に残るイベントをフューチャーした。
ジョンジョン・フローレンスの飛び抜けたバレル&エアー、勝利にハングリーになったケリー・スレーター、世界トップのカービングと勝負強さをみせるジョディ・スミス、CTにフィットし始めたコナー・コフィン、シーズン終盤ならではのピリピリとした雰囲気、ヨーロッパ独特のロケーション、ワールドチャンプ決定の瞬間、見どころしかない内容になっています。
すべてのライディングの点数、そして心境が強烈にでているインタビューには日本語字幕がついていて、その場にいるような感覚でムービーに入り込んでしまうでしょう。
ボーナスには千葉の志田下で開催されたQS6000を収録。
CT入りを目指す世界のトップサーファーが来日し、大原洋人が世界に通用するサーフィンをみせ、カノア・イガラシも参戦、普段わたしたちがサーフする波で彼らがどんなサーフィンをみせたかが見れます。
他にも超異次元、ビッグウエイブのギネス記録を持つ『ナザレ』の巨大波セッション、カリフォルニアでの大原洋人フリーサーフなど、今見ておきたい映像がつまったTabrigade Film最新作『RUNWAY』を堪能してください。

WATER FRAME II -pay back-

2016/9th/Nov

Tabrigade Film New Movie 『WATER FRAME II -pay back-』予告編

WATER FRAME II -pay back-
本編75分+ボーナス5分

ゴールドコーストとベルズビーチのWCT2戦をメインにフューチャーするTabrigade Film『Water Frame』シリーズの第2弾。

2016年シーズン開幕前にセミリタイヤを発表し、ゴールドコーストとベルズのWCT参戦後の去就について注目が集まったミック・ファニングが今回の主役です。
フリーサーフィンのみのソロパートは、ミックが得意とするスーパーバンクス、クラマス、ベルズボウル、トラッセルズで思う存分キレキレのサーフィンを見せてくれます。

毎年新しいアクションが観れるシーズン初戦のゴールドコースト、トッププロのパワーサーフィンが見もののベルズビーチで今年も最高のサーフィンとマッチアップが観れ、短い中にも深い意味があるインタビューなど、現場の雰囲気とテンションをそのまま感じてください。

ボーナスにはちょっとマニアックな映像で、モトクロスバイクで転倒して1か月ぶりにサーフィンをしたボトルのスーパースローのみで構成したワンセッション、ベルズの波に対応できずに敗退したカノア・イガラシが敗退後にジャンクなベルズで練習するパート、そしてポルトガルWCTイベントが終わり誰もいなくなった会場で新しいサーフボードデザインのテストをするケリー・スレーターを収録しました。

Water Frame -chapter13-

2016/15th/Feb

完売まじかのTabrigade Film Movie 『Water Frame』。
今回はその『Water Frame』の中からBells Beachで開催されたリップカールプロ/ラウンド3を公開です。
まったく負ける気がない余裕のケリー・スレーター、最高のベルズでのパワーサーフィンは必見です。
ご覧あれ。

Water Frame

2015/18th/Dec

タブリゲイデ・フィルムから世界最高、最新のサーフィンが詰まった待望の最新作『Water Frame』がリリースです。

アクション勝負のゴールドコースト、豪快なターン勝負のベルズビーチ、この世界有数の波で競われるWCTイベントをフューチャー。
テイクオフからフィニッシュまで、世界トップのサーファーはどう波を攻略するのかをオフィシャルジャッジスコアー付きで楽しめます。

若手ブラジリアンが台頭する現在に不満を持つようなケリー・スレーターのコメントではじまり、ワールドチャンプのガブリエル・メディナ、上位常連組のミック、パーコ、タジ、そしてワールドタイトルをいずれ獲ると言われるジョディ・スミス、ジョンジョン・フローレンス、オーエン・ライト、それぞれの思惑が見て取れます。
毎年新しいテクニックや急成長したサーファーがでてくる最も面白いイベントWCT初戦クイックシルバー・プロ@ゴールドコーストでは、今年急成長し世界のトップクラスの仲間入りをした18歳フィリッペ・トレドとジュリアン・ウィルソンが圧倒的なサーフィンで会場を狂喜させる。
膝波から胸サイズの波だったこのパートでは、普段のサーフィンの参考としても楽しめます。

歴史あるベルズビーチのリップカール・プロでは、ケリーがコメントしている通り豪快なターンとパワーサーフィンの勝負。
コンディションの変化が激しい今年のベルズでは上位陣が次々と敗退する中、徐々にギアと集中力を増していくミック・ファニングからは目が離せなくなる。
特にジョディ・スミスとミック・ファニングのヒートは熱いです。

世界トップの若手サーファー4人をピックアップしたフリーサーフィンのパートでは、ジョンジョン・フローレンス、ガブリエル・メディナ、コロヘ・アンディーノ、フィリッペ・トリードがスピード感溢れるサーフィンを披露。
Aクラスの映像だけで構成されたこのチャプターは、ショーを見ているような感覚になり”サーフィンをしたい衝動”にかられるでしょう。

ボーナス映像には2015年9月にカリフォルニアのトラッセルズ開催されたハーレー・プロや日本人サーファーが見れる生見で開催された超小波のビラボン・プロ四国のダイジェストなどを収録。

コンテストのライディングには全てジャッジスコアーが表記され、インタビューには日本語字幕で全てが詳細にわかるようになっています。
『現世界最高最新』そして『現地の雰囲気と流れを表現する』事に重点をおいて製作したTabrigade Film最新作『Water Frame』を堪能してください。