2018 QUIKSILVER PRO GOLD COAST -Final Dayハイライト-

2018
19th
Apr

新たなスゥエルがヒットし、会場はキラへとうつされた。
6フィート+のバレル勝負となった最終日、ノリノリのグリフィンとボレーズをしりぞけて、運をつかんで優勝したのはジュリアン・ウィルソンだった。

2018 QUIKSILVER PRO GOLD COAST -Day3ハイライト-

2018
19th
Apr

コラピントが期待を裏切らない活躍でパーコをバレルをメイクして破る。
去年復活優勝をしたオーエンは明らかに去年よりも自信に満ち溢れたサーフィンをみせた。
いい波もくるがトリッキーなコンディションだったDay3ハイライト。

2018 QUIKSILVER PRO GOLD COAST -Day1ハイライト-

2018
17th
Apr

去年優勝のオーエン、ルーキーのグリフィン・コラピント、そしていよいよ引退までのカウントダウンとなるミック・ファニングなどなどに注目が集まる2018年WCTがついにスタート。

2018 QUIKSILVER PRO GOLD COAST -記者会見-

2018
17th
Apr

国籍を日本に移したカノア・イガラシ、2xワールドチャンプのジョンジョン・フローレンスが参加。
2018年WCT#1クイックシルバー・プロの記者会見映像です。

Mick Fanning Announces Retirement from WCT

2018
2nd
Mar

メディアではすでに噂になっていたが、ミック・ファニングが正式にWCTからの引退を表明した。
2018年ワールドツアーの第二戦リップカール・プロ@ベルズビーチがとりあえずはWCTシーンでのミックの見納めとなる。
『モチベーションをどこにフォーカスしていいかがわからなくなった』と引退表明で語ったミック。
昨年はソフトボードのブランドを立ち上げ、パーコ、ジョシュ・カー、ビード・ダービッジ達とビールメーカーも設立、そして長年スポンサーされてきたサーフギアブランドのCREATURES OF LEISUREのオーナーとなり、ビジネスにシフトしていくと見られている。

映像は去年Tabrigade Filmから発売されたWater Frame IIのミックをフューチャーしたパート。
この数年で撮影された映像で構成されていて、まだまだミックが世界のトップクラスにいることを証明している。
最後のイベントなるベルズでは毎年好成績を収めているだけに、優勝での引退というドラマが見れるかもしれない。
もちろんTabrigade Filmはその引退イベントとなるリップカール・プロを現地からリポートします。